マタイによる福音書 1

<< マタイによる福音書 1 >>
Matthew 1 Japanese NT Portions
 

1 アブラハムの子,ダビデの子,イエス・キリストキリスト(ギリシャ語)とメシア(ヘブライ語)はいずれも「油注がれた者」を意味するの系図。

2 アブラハムはイサクの父となり,イサクはヤコブの父となり,ヤコブはユダとその兄弟たちの父となり, 3 ユダはタマルによってペレツとゼラの父となり,ペレツはヘツロンの父となり,ヘツロンはラムの父となり, 4 ラムはアミナダブの父となり,アミナダブはナフションの父となり,ナフションはサルモンの父となり, 5 サルモンはラハブによってボアズの父となり,ボアズはルツによってオベドの父となり,オベドはエッサイの父となり, 6 エッサイはダビデ王の父となり,ダビデはウリヤの妻であった女によってソロモンの父となり, 7 ソロモンはレハブアムの父となり,レハブアムはアビヤの父となり,アビヤはアサの父となり, 8 アサはヨシャファトの父となり,ヨシャファトはヨラムの父となり,ヨラムはウジヤの父となり, 9 ウジヤはヨタムの父となり,ヨタムはアハズの父となり,アハズはヒゼキヤの父となり, 10 ヒゼキヤはマナセの父となり,マナセはアモンの父となり,アモンはヨシヤの父となり, 11 ヨシヤは,バビロンへの流刑のころにエコニヤとその兄弟たちの父となった。

12 バビロンへの流刑ののち,エコニヤはシャルティエルの父となり,シャルティエルはゼルバベルの父となり, 13 ゼルバベルはアビウドの父となり,アビウドはエリアキムの父となり,エリアキムはアゾルの父となり, 14 アゾルはサドクの父となり,サドクはアキムの父となり,アキムはエリウドの父となり, 15 エリウドはエレアザルの父となり,エレアザルはマタンの父となり,マタンはヤコブの父となり, 16 ヤコブはマリアの夫ヨセフの父となった。このマリアからキリストと呼ばれるイエス「イエス」は,「ヤー(神の名の短縮形)は救ってくださる」を意味するユダヤ名「イェホシュア」のギリシャ語の変異形。「イエス」は「救い」を意味する「イェシュア」の男性形でもある。が生まれた。

17 それで,アブラハムからダビデまでの世代は全部で十四代,ダビデからバビロンへの流刑までは十四代,バビロンへの連行からキリストまでは十四代である。

18 さて,イエス・キリストの誕生は次のようであった。彼の母マリアはヨセフと婚約していたが,二人が一緒になる前に,彼女は聖霊によって妊娠していることが分かった。 19 彼女の夫ヨセフは正しい人で,彼女をさらし者にしたくなかったので,ひそかに去らせようとした。 20 しかし彼がこうした事について考えていると,見よ,主のみ使いが夢の中で彼に現われて,こう言った。「ダビデの子ヨセフよ,あなたの妻マリアを迎え入れることを恐れてはいけない。彼女の内に宿っているのは聖霊によるものだからだ。 21 彼女は男の子を産むだろう。あなたはその名をイエスと呼ぶことになる。この者こそ,自分の民をその罪から救うからだ」。 22 ところで,このことすべてが起こったのは,預言者を通して主によって語られたことが果たされるためであった。こう言われていた。 23 「見よ,処女が妊娠し,男の子を産むだろう。彼らはその名をインマヌエルと呼ぶだろう」。この名は,訳せば,「神はわたしたちと共に」という意味である。 24 ヨセフは眠りから覚め,主のみ使いが彼に命じたとおりに行ない,自分の妻を迎え入れた。 25 しかし,彼女が初子を産むまでは,彼女を性的には知らなかった。彼はその子をイエスと名付けた。


<< Matthew 1 >>
Japanese Public Domain Bible, courtesy http://denmo.org

Bible Hub